【性欲】人間なら誰しも持っている欲求。身障者には性的介助が必要な現実と、家族や本人の苦悩とは・・・

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2013」で、
オフシアター部門のグランプリに輝いた

「暗闇から手をのばせ」

という映画をご存知でしょうか。

この映画は、障害者専門のデリヘル嬢と
手足が不自由な障害者との
心の交流を描いた問題作で、

そのテーマのタブーさから
ほとんど宣伝も行われず、
ミニシアターで細々と上映されていました。

この映画で扱うテーマは「障害者の性」。

実は障害者向け風俗というジャンルは
実際にあるのですが、

なかなかうまく運営できない
実態があるようです。

そして、風俗ではなく
「射精の介助」という
介護ボランティアも実際に存在します。

射精介助とはヘルパーが
こうした重度身体障害者の
自宅などを訪ね、

介護用手袋をした手で性器を
綺麗に洗浄。その後、手で刺激して
射精に導くことを指します。

障害者の気持ちを考慮して、
多くは女性ヘルパーが派遣されるため、
現状では風俗営業の許可が
必要となっていますが、

ヘルパー側としてはあくまで
介護の一環的な位置づけであるようです。

「それって介護じゃなくて風俗でしょ?
デリヘルなどの風俗を
活用すべきなんじゃないの?」

例えばその障害者が言葉も
きちんと話せなくて
コミュニケーションが取れなかったり、

特殊な医療器具を装着していて
細心の注意が必要であったり、
行為のあと大人用おむつを
処理しなければならなかったりと

介護的側面があるため、
障害者を相手にすることは
一般の風俗嬢にはハードルが高すぎます。

日本には現在、18歳以上の
在宅身体障害者が349万人もいるそうです。

彼らの多くは、身体は不自由でも、
健常者と変わらない知能を持ち、
心を持っているのです。

障害者の性処理は風俗に当たるのか否か?

みんなの反応と動画は・・・


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ