【観客号泣】「望んで生まれたわけじゃない。でも大丈夫」いじめられっ子が作った歌に泣かずにはいられなかった

スーザン・ボイルやポール・ポッツを輩出した
イギリスの人気オーディション番組
「ブリテンズ・ゴット・タレント」

この番組に出演した少年ラップユニットの
「バーズ・アンド・メロディ」が世界を
感動の渦に巻き込みました。

ラップユニットは13歳のレオンドル君と15歳のチャーリー君。

レオンドル君が受けた 「壮絶なイジメ体験」 を
歌詞に込めて披露しました。

小学校時代にとある少年グループから
悪口、SNSでの嫌がらせ、母への侮辱、殴る、蹴る、
倒されるなどの暴力を受けていたレオンドル君。

彼は2年ものあいだ「サッカーで怪我をした」と言って
イジメられていることを必死でごまかし続けていました。

親に心配をかけたくない一心で・・・

しかし、身体に出来る痣や怪我が徐々に増え
ついに暴力を受けていることを告白することに。

虐められていることを知った父親は
彼を転校させることを決意しました。

転校した先でレオンドル君は
チャーリー君と運命の出会いを果たします。

彼らは「自然にというより普通に」仲良くなり
「Bars & Melody」を結成。

自分たちの音楽で世界中に勇気を届けようと
「胸いっぱいの希望を持とう」といった内容の曲を
披露し聴衆を感動させました!

辛かった出来事を乗り越え一周りも二周りも
大きくなったレオンドル君。

何もかも受け入れてくれる親友チャーリー君と共に
今日も彼らは歌うのです。

孤独に闘う人たちに希望を与えるために・・・


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ