「ぼくが生まれてごめんなさい」障害を持った息子が言った言葉に対する母の答えとは?

なぜ自分は障害者になってしまったのか?

自分がいなければみんなに迷惑をかけずにすんだのではないか?

そう思う障害を持った方も多いようです。
息子も例外ではありませんでした。

「ぼくが生まれてごめんなさい」

しかし母が息子に言った言葉に、愛の本当の姿が垣間見えました。


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ